ふるさと納税のメリットとデメリット どのくらいお得?

豆知識
スポンサーリンク

ふるさと納税で節税できるって知ってましたか?
2008年頃から始まっている制度で、
最近じわじわと話題になってきていますね。

今日はそんな「ふるさと納税」の
メリットとデメリットについてまとめたいと思います。

ふるさと納税のメリットとデメリットは?



「ふるさと納税」とは、
地方自治体に一定の金額を寄付することで、
寄付した金額程度の税控除が受けられる制度です。

また一定の金額を以上を寄付することで、
寄付のお礼として地域の特産品をもらえるケースが多く、
これが人気となっています。

10000円のふるさと納税をすれば、
8000円の税控除が受けれます。
つまり、引かれていた住民税や所得税から、
8000円が還付されます。
そして地域によっては、特産品がもらえる場合があります。

ふるさと納税のメリット

1.
仕組み上、2000円は固定で支払うことになるが、
特産品が2000円を超える価値がある場合は、
実質「得」をする。

2.
国に支払われる税金を、
自分の故郷に寄付することが出来る。

3.
地域の特産物の出荷が良くなる。
全国的に広まるきっかけになる。

税金の還付がありますが、
同じ金額を寄付しているわけなので、
結局、
「2000円でどれだけの特産物を頂けるか」
が、
お徳かどうかの部分に関わってきます。

ふるさと納税のデメリット

1.
自分の「ふるさと」ではない市町村にも寄付できる。
特産物が人気の市町村にばかり寄付が集まる懸念がある。

2.
自分の「ふるさと」ではない市町村に寄付する人が多い市町村では、
単純に市町村の税収が減ることになる。
→何も無ければ入るはずだった住民税が減額になるため。
所得税とか還付金は国が負担するんですが。

東日本大震災にが合ったときには、
ふるさと納税でその地方へ寄付した人が大勢いたようです。

すると、
その寄付した人たちがいる市町村は、
税収が減収になりますね。

これであればそこまで悪い例に見えませんが、
特産物目当てで全然違う地方にふるさと納税することは、
あまり良い例とは言えません。

地方活性化のための施策だけど、
あまり有効に働かなくなるわけですね。

ふるさと納税は結局お得なのか?

2000円で豪華な特産物がもらえるので、
使い方によってはお得になることは間違いないです。

30000円寄付すれば、
2000円でお米が60kgとか80kgとかもらえる地方も
あったりしますし。
※最新の情報は別途確認して下さいね。

ただ、
本来の使い方は、
「お世話になったふるさとの応援」
なので、
節税のためではなく、
ふるさとを応援するために税金を使える方法があるんだ!
という観点で、
使用を検討してみるのがよいかと思います。

コメント