スーツと礼服の違いは?

豆知識
スポンサーリンク

スーツと礼服の違いは何でしょうか?

これについて、
ちゃんと理解して選んでいる人って、
実はあまり多くないかも知れません。

知らないと恥をかくかもしれない
スーツと礼服の違いについてまとめてみます。

スーツと礼服の決定的な違いは?



まず「スーツ」は、
平服のことになります。

平服とは、
普段着ということではなく、
礼服でなくてよい服装という意味で、
「フォーマルな普段着」
というイメージでしょうか。
会社で着るスーツのようなイメージですね。

それに対して礼服とは、
冠婚葬祭で着ることの出来る、
形式的なフォーマルな服装
のことです。

スーツと礼服の違いは、
最近は垣根がなくなってきているといいますが、
主に、
「生地」「色」「デザイン」
が違います。

「生地」は、
礼服の場合はウールがメインですが、
スーツの場合はポリエステルがメインになります。
そのため、スーツの方が光沢が出てしまいます。

「色」は、
礼服はですね。
上記の光沢感とあわせて、
深い落ち着いた黒であることが良いとされます。

スーツの場合はいろいろありますが、
濃紺やチャコールグレーで、
ストライプなどが入ったものが多いですね。
礼服と比べてオシャレなものが多いです。

「デザイン」はいろいろと細かい違いがありますが、
主にベント(スーツの切れ目)が違います。
礼服にはベントがありません。
普通のスーツはサイドやバックに切れ目が入っていますよね。

ブラックスーツで礼服の代用が出来るか?

ブラックスーツ=礼服のことになります。

平服の黒いスーツで礼服の代用になるか?
という観点で回答すると、
NGではないが礼儀としてはオススメできない
となります。

葬儀用の場合は、
ほとんどの方が、
しっかりした礼服を着て参列されると思うので、
見比べたときにやはり違いが分かる場合が多いです。

人によっては、
礼儀知らず!
という印象をもたれるかもしれません。

まだまだそのような状況なので、
やはり、
葬儀の場合は礼服をしっかりと用意されるのが良い
と思います。

では、結婚式の場合はどうでしょうか。

最近の結婚式は、
平服(オシャレなスーツ)で参加される方が多いですね。
特に若い方はその傾向が顕著です。
むしろ、礼服で参加される方が、
本当に少ない状況にあります。

そんな中ですので、
結婚式であれば、
礼服でなくても、
黒いスーツで代用としてまったく問題ないと思います。
中に着るシャツやネクタイは工夫してくださいね!^^

礼儀やしきたりなど、
なかなか難しい部分が多いですが、
せめて恥ずかしい思いをしない程度に、
いろいろと準備をしたいですね。

コメント