降水量1mmってどれくらい?傘は必要?運動会は中止?

豆知識
スポンサーリンク

天気予報で気になるのが「降水量1mm」の表示。
1mmってどの位?運動会等には支障は?
わざわざ傘を持って出掛けるのは面倒くさい!
降水量1ミリに隠された秘密を教えます☆

降水量1mmとは?

気象庁は小数点以下切捨てなので、天気予報での「降水量1mm」の雨とは
正確には「一時間1.0mm~1.9mmの雨」のこと。
そして降水量1mmとは
1m×1mの箱に一時間で1リットルの雨が溜まる 程度の雨のこと。
この時、箱に溜まった水の高さが1mmになります。
降水量1mmの1mmとは深さの事なんです。
ちなみに降水量1mmの雨の中、人が直立したままでいると、
30分で125ml程の水をかぶる計算になります。

降水量1mmなら傘は不要?

朝から出掛ける際に気になるのが傘を持っていくかどうか。
くもり後雨くもり時々雨の予報の際は特に悩みますよね。
一日雨予報なら諦めもつきますが^^;
予報が当たって降水量1mmの雨が降った場合、傘は必須でしょうか?
それは人それぞれの考え方次第になってしまいますが・・・
私はいらないと思います!
降水量1ミリの雨は短時間であれば傘なしでも大して濡れません。
長距離屋根の無い場所を歩くとか、長時間街中をウロウロするのであれば必要でしょうが・・・
もしどうしても傘が必要と感じればコンビニでも薬局でもビニール傘売ってますしね☆
降るか分からない雨のために朝から傘を持って出掛ける方が私はストレスです!
そして持って出掛けなくてもほぼ困ったことはありません。
雨に結局降られなかったり、ちょっとした雨で傘をさすほどではなかったり・・・
なので朝から雨が降っていない場合の降水量1mm予報の場合は傘は置いて出掛けます!
もちろん、絶対濡れたくない!ちょっとでも濡れるのは嫌だ!という人は傘必須でしょうけど。
たまに降水量0mmなのに雨予報とかもありますよね?
小数点以下切捨てだから時間あたり0.9mmまでの雨の事ですね。
1mmまではいかないけど、ちょこっと降るよー的な。
雨に絶対濡れたくない人は降水量0mmでも傘持って出掛けるのかな?
荷物増えて大変そう^^;
でも最近は軽くて携帯しやすい折り畳み傘もたくさんありますしね!
お気に入りの折り畳み傘が見つかれば、そんな予報でも傘持って出掛けるのが苦痛じゃなくなるかもしれませんね♪

最近は、日傘にもなる一台二役の傘もあるんですよ☆
評判も良いみたいですし、気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

降水量1mmなら運動会は開催される?


これは各学校にもよると思いますが、くもり時々雨の予報で、
運動会の途中から雨が降ってきた場合は続行される場合が多いでしょう。
しかし降水量は1mm/時間でも、一日通しての雨予報ですと雨天中止になる場合が多そうです。
小雨と言えど一日降られるとやはりキツイですからね^^;
また降水量1ミリは1時間あたり1.0mmから1.9mmと幅もあるので、
その時の雨の様子によっても変わるようです。
同じ雨でも雨天決行だったり中止だったりしますから、学校の方針によるでしょうね!

コメント